暮らすように旅する|潮垢離column

SHIOGORI ONLINE SHOPSHIOGORI ONLINE SHOP

     
   

serchbtn

serchbtn

2023/11/15

【レポート】第36回田辺農林水産業まつり -SHIOGORIクルージング-

予約殺到!大盛況の実施となりました。

2023年11月12日(日)、田辺市扇ヶ浜公園にて、第36回田辺農林水産業まつりが開催されました。

朝の雨もまつりの開始までに止み、晴天の中、多くのお客様が来場されました。

SHIOGORIクルージングの受付もスタート早々に行列ができました。

 

秋の田辺湾“SHIOGORIクルージング”へ

今回は①11:00~、②11:50~、③13:00~、④13:50~の3船×4便、

計100名近くのお客様に田辺湾のクルージングを体験していただきました。

 

ライフジャケットを着用して順に乗船し、スタッフに見送られながらいざ出航!

 

「いってきま~す!」

 

 

船の左手には新庄・白浜、右手には目良・天神崎エリアが見えます。

 

雨上がりの澄んだ空気と日差しが気持ち良いです。

本日の気候はベストコンディションでした。

 

 

船はゆっくりと進むので、お喋りしながら景色を楽しめます。

 

 

沖でUターンし、戻ります。

 

 

前方に先発した船を発見!

 

 

どんどんと陸に近づき、砂浜やまつりの鮮やかなテントが見えてきます。

 

 

あっという間の15分間のクルージングでした。

 

 

美しい景色は飽きることなく、時間を忘れてしまいます。

海上で停泊しないため船酔いするお客様もなく、適度な揺れが心地よく、うとうとされている方もいました。

海の風を浴びて、皆さんスッキリした表情で下船されているように見えました。

 

いつも過ごしている田辺の海から街を眺めてみるのも、たまには良いかもしれません。

 

第36回田辺農林水産業まつり

さて、静かな海から陸へ戻ると、人・人・人で大変な賑わいでした。

衣装が華やかで目を引く店舗や、出店を聞きつけてファンが行列を成すお店も。

県外からも複数店舗が特産品の販売に来られていました。

会場はおいしそうな匂いでいっぱいです。

 

飲食物だけでなく、農林水産業に関する体験ブースもありました。

おまつりの最後は和歌山名物もちまき。

コロナ禍を経て4年ぶりに開催された当まつりのもちまきは、3会場とも多くの人で賑わい、皆さん必死に餅を拾って、最後までしっかり楽しんでいました。

 

***********

KUMANO TRAVEL(熊野トラベル)にてオプショナルツアー「SHIOGORIサンセットクルージング」販売中

熊野地方を中心に、紀伊半島南部を広域的にカバーする着地型旅行会社、一般社団法人田辺市熊野ツーリズムビューローが運営する予約サイト「KUMANO TRAVEL」にて、SHIOGORIクルージング販売中です。

ご予約は” こちら

 

@watashi_no_tanabe
@kumanotravel
@shiogori.story
@shiogori.beach.garden
@wakayama_trips